1. HOME
  2. ブログ
  3. 開発ココだけの話 6月号

ブログ

2016.06.27
開発ココだけの話 6月号

開発ココだけの話第1回は、開発担当の若き女性ヘッドリーダーMさんのお話をお伺いしました!
 
もともと開発職だったのですか?
もともと開発職です。私は、IT技術者一本でやってきました。
中には過去に営業職をしていたり、ちょっとかわった職種を経験している
メンバーもいます。
 
開発職というと、パソコンの知識やプログラミングの知識があればいいや。
というイメージを持たれがちですが。
業務知識も必要となりますので、たとえば会計のシステムの開発をする場合は会計の知識もいるんです。

幅広い知識や経験が有れば、製品の開発やお客様とのお話に役立つんですね!!
 
0001
 
アレはキツかった!と思ったシステムはありましたか?

キツかった。

というか、データ量が多いと処理速度に気をつかったりするので、大変ですね。
あと、画面の制御関係が複雑だと、(制御関係は目で見えないので)苦労します。
 
そうそう、リアシステムのソフトの中でも、唯一画面制御が未だ理解できない処理があったりもするんですよ。なぜだかわからないけど、動いているし、結果的に合ってる。みたいな。

どこをどう歩いたかわからないけど、目的地に着いた。みたいな感じなんでしょうか(笑)
 
0002
 
お客様に言われて嬉しかったことは?

普通に、「便利になりました」というお言葉ですかね。

あとは 「これでいいわ・・・・」とか(笑)
 
基本的に、うまくいって当たり前の世界なのですが、本稼働できたとか、ソフトが完納できたとかは、ホッとしたり嬉しかったりします。
 
一人で、祝杯をあげる事も・・・・

動いて当たり前とは言え、動くまでの緊張があるんですね!
物を作るという事は本当に大変な事だと感じますが、お声を頂く嬉しさや、動いた時の達成感を味わえる素敵なお仕事だと思います!
 
皆様の毎日のお仕事を支える陰の立役者、開発メンバーの声をこれからもお届けいたします。どうぞお楽しみに!

記事一覧に戻る
お問合せ
ここをタッチしてすぐに電話する